熱交換器メンテナンスで注意すべき事

熱交換器メンテナンスを行う際には、できるだけ効率よく機能を回復させるための手順を事前に熟知しておくことが重要となります。熱交換器を停止させる事はシステム全体の動作を停止させなければならないことが多く、工場の場合にはその稼働率に大きな影響を及ぼします。また空調設備の場合でも入居者に多大な迷惑をかけてしまうことになるため、できるだけ迅速に作業を行うことが重要となります。同時に短時間でその機能を回復するように努めなければ、熱交換器メンテナンスを頻繁に行うことになり、様々な影響を与えることになるため注意をしなければなりません。

一般的に熱交換器メンテナンスを行う際には本体を分解し様々な部分を洗浄しなければいけないと考えることが多いのですが、分解をし清掃をして再度組み立てるとなると多くの時間を費やしてしまうものです。同時に組み立てる際にトラブルが発生すると復旧時間が延びてしまうため、これも確実に避ける必要があります。そのため、分解して清掃を行うような場合には事前に代替機を用意するといった対策を行う方が良いものです。しかし日常的な熱交換器メンテナンスではなかなか代替機を用意することができないため、必要最小限の作業にとどめることが重要です。

この場合には熱交換部分のみを取り外し、その部分のスケールを除去するといった作業で済ますことが賢明です。熱交換部分に付着したスケールを取り除くだけで、その効果が高まることが多いので、熱交換器メンテナンスを行う場合にはこの点を作業の中心に考え、停止時間の制限を意識して作業内容を組み立てることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です