熱交換器スケールの除去をすべき理由

一定の熱供給によって成り立っている産業現場では、熱交換器は欠かすことのできない重要な機器となっています。そのため長年にわたりハードな環境で稼働し続けているケースも数多く目立ちます。そのような環境では熱交換器への負担が大きく、普段から定期的な点検やメンテナンスがいい加減であれば、たちまち故障につながりかねません。特に熱交換器スケールはどうしても蓄積するので、こまめな除去が求められます。

これを怠ると、プレートガスケットの劣化あるいは貫通割れなどで、産業現場に深刻なダメージを与えることもあり得ます。定期的な点検を通じて熱交換器スケールを除去することも大事ですが、万が一のトラブルに備えて、産業現場で対応できる体制づくりを進めることも求められます。例えば専門メーカーとメンテナンス契約を結んでおいて、緊急時に備えることも有効でしょう。あるいは熱交換器スケールが付着しにく製品を導入することも、リスクの回避には大きな効果が期待できます。

例えばプレート式の熱交換器であれば、乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みで自己洗浄機能が働き、スケール蓄積の回避が期待できます。また乱流促進構造はプレートにヘリンボーンパターンのような模様を施すことで、プレート間の流体を意図的に乱し、熱伝導を妨げる膜の生成を抑制しながら、流体温度の均一化して、熱流が速やかに全体へ伝わるようになります。これが高い熱交換率を実現し、安定した熱供給へとつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です