熱交換器スケールの問題を解決するには

熱交換器スケールは水中に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が内壁に付着したものです。透明な水中には無機塩類が含まれており、何度も水が蒸発を繰り返すと急速に濃縮されて熱交換器スケールとなって析出します。非常に硬いだけでなく水に溶けにくい性質があり削り落とすのは困難ですが、放置すると故障や性能低下の原因になるので早めに対処しなければなりません。急に故障や性能低下が起きると工場の生産ラインが停止し、決まっている納期に納品できなくなってしまう可能性があります。

固着した熱交換器スケールを素早く取り除きたいのであれば、塩酸など強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。スケールの主成分である無機塩類は酸性に弱いため、塩酸などの洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。ただし強酸性の洗浄液は基本的に劇物に指定されており危険なだけでなく、金属を腐食させるので注意しなければなりません。塩酸などを使って熱交換器スケールの洗浄を行う場合には、ゴム手袋やゴーグルなどの保護具を着用し正しい濃度を守る必要があります。

また熱交換器の破損を防ぐため洗浄後には処理液を使い中和処理を行うことが大切です。市販の洗浄液には塩酸をベースとしており強酸性でありながら劇物ではなく、安全性が優れていて金属の腐食が少ないタイプも存在します。このタイプの洗浄液は生分解性を備えていて外部に排出されると微生物によって分解されるため、環境汚染の心配も不要です。素早く安全に熱交換器スケールを除去したいのであれば、このタイプの洗浄液を試すとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です