熱交換器スケールを付着させないようにするための工夫

工場では様々なプラントやシステムを動作させるために、冷却水を循環させ発生する熱を冷却する仕組みを取り入れていることが少なくありません。その冷却水は一般的にはシステム全体を循環する仕組みとなっており、様々なシステムの熱を吸収して最終的には熱交換器の部分に到達する仕組みとなっていることが多いものです。熱交換器内部では様々なシステム内の熱を吸収した冷却水が熱交換の原理によって再度冷やされ、また循環をすることになります。この方法を利用することで外部から冷却のための水を取り入れて消費する必要がなく、効率よくシステムを冷却できるのが特徴です。

しかし、熱交換器はある程度使用していると内部に熱交換器スケールが付着し、その効率を著しく下げてしまうことに注意をしなければなりません。熱交換器スケールは様々な理由から完全に発生しないように対応することができず、そのために定期的なメンテナンスを熱交換器に行い、常に最高の才能を引き出すようにしておかなければなりません。そのため最近では様々な熱交換器スケールの除去方法が提唱されており、その中で最も効果的と言われる方法が、専用の除去剤を利用する方法となっています。熱交換器スケールを放置してしまうと、十分な冷却水の冷却を行うことができず、システムの中に不要な熱を持ち込んでしまうことになるため注意をしなければなりません。

付着させないようにするためには水道水を利用せずにその他の水を利用するのも良い方法ですが、循環しているうちに様々な物質を吸収してしまうこともあるため、この点にも注意をすることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です