早期に熱交換器スケールを除去するメリットとは

熱交換器スケールが厚く蓄積する前に取り除けば、故障や性能低下によって生産活動に影響が及ぶのを未然に防げます。突然トラブルが起きて生産ラインが停止すると、不良品が発生したり納品が遅れたりします。熱交換器スケールを放置したためトラブルが起きて納期の製品を納入できなければ、取引先からの信頼を失ってしまうので注意しなければなりません。長期的に安定した営業活動を行うためにも、適切な方法で熱交換器スケールを取り除くことが大切です。

メンテナンスを早めに行っていれば、故障や性能低下を防げるだけでなく熱交換器の寿命を延ばすこともできます。蓄積した熱交換器スケールを素早く取り除きたいのであれば、即効性が優れた強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。スケールは水に溶けにくく硬いため工具で削り落とすのは困難ですが、強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。塩酸などは劇物に指定されていますが、市販の洗浄液の中には洗浄力と安全性を両立したタイプも存在します。

基本的に強酸性の洗浄液は危険性が高く金属を腐食させるため、安全対策を講じて正しい濃度で使わなければなりません。装置の損傷を防ぐには洗浄後には処理液を使って中和する必要があります。洗浄力と安全性を両立したタイプは素手で触れても問題なく、金属の腐食性が弱いので処理液で中和する必要がありません。人体だけでなく環境にも優しい設計になっており、熱交換器スケールを除去するのに最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です