熱交換器スケールはなぜ発生するのか

熱交換器スケールは定期的に冷却水の通り道などを洗浄し、内部を常にきれいな状態に保っておいても、冷却水の冷却などに使用している限りは必ず付着してしまうものです。またフィルターなどを取り付けこれらを除去しようとしても、いつの間にか発生してしまっていると言うことも少なくありません。その大きな理由は熱交換器スケールの発生原因が単純なゴミなどではなく、冷却水本来に含まれる成分が原因であることが多いためです。その中でも最も重要なものが、カルシウムです。

基本的にカルシウムは水の中にはほとんど含まれていませんが、水道水の中には消毒のために様々なものを購入してあり、その中に含まれているため、これが熱交換器の内部に付着しスケールとなってしまうことが多くなっています。そのため熱交換器を使用している限りは必ず発生すると考えても良いものであり、これを定期的に取り除くことが重要なポイントとなります。熱交換器スケールは熱交換器の内部の熱を放出させる重要な部分に付着してしまうため、その効率を著しく低下させるばかりでなく、最終的には全く機能を果たさなくなってしまうこともあるため注意をしなければなりません。冷却水が十分に冷却できないと、不必要な熱を保持したまま冷却水がシステムを流れることになり、トラブルを発生させてしまうことも多くなります。

カルシウムによる熱交換器スケールは熱交換器自体にも悪影響を及ぼしてしまうことから、十分に注意をすることが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です