熱交換器スケールを除去すればトラブルを防げます

熱交換器スケールは定期的に除去しなければ故障や性能低下の原因となり、営業活動にも影響を及ぼします。資金に余裕がある場合には、ろ過器や軟水器を導入して熱交換器スケールの原因物質である無機塩類を取り除くとよいでしょう。ろ過器や軟水器は水質を浄化するだけでなく、カルシウムやシリカなどの無機塩類を取り除きます。これらの装置は機種によりますが導入時に300万円から1500万円、維持に50万円から100万円のコストが必要です。

しかし無機塩類を除去するためスケールが発生しなくなり、故障や性能低下に悩まされる心配もなくなります。なるべく安いコストで熱交換器スケールを除去したいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うのがおすすめです。この装置は導入時に250万円ほどかかるものの、維持費が年間で1万円以下しかかからないため長期的なコストが安くなります。即効性はありませんが効果の継続性が優れており危険な薬品を使わないので安全です。

メンテナンスをしなくても性能を維持でき、スケールだけでなく赤錆にも効果があります。この装置は設備を止めずに装着できるため、生産活動への影響を抑えたい場合にも適しています。厚く蓄積した熱交換器スケールを、あまりコストをかけず素早く取り除きたい場合には強酸性を使って洗浄するとよいでしょう。強酸性の洗浄液は劇物であり危険性が高く、金属を腐食させるので正しい方法で扱わなければなりません。

多少扱いが難しいというデメリットがありますが、多額のコストをかけず素早くスケールを溶かすことができます。熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です