様々な産業で必要とされるアルファラバルとは

アルファラバルはスウェーデンに本社のある世界的な産業機械メーカーで主に熱交換器や流体移送機器、遠心分離機の開発・製造を行っています。熱交換と流体制御、分離はあらゆる産業で必要とされる基礎的な技術です。アルファラバルは世界の100か国以上に販売拠点があり、160か国以上でアフターサービスを提供しています。飲料・食品や海運・造船の他に化学や製薬、エネルギーや空調設備など様々な産業分野に属する企業が同社の顧客です。

アルファラバルは品質や安全性の向上だけでなく環境負荷の低減やプロセスの最適化などに努めており、優れた製品とソリューションの提供を行っています。日本で法人が設立されたのは1978年で、東京都港区にある本社を中心に7箇所の事業所が存在します。飲料や医薬品の他に海運・造船やエネルギー、空調設備など様々な分野の企業に対して製品の販売やアフターサービスを行っています。アルファラバルは遠心分離機を製造するメーカーとして1883年に設立され1938年には熱交換器、1971年には流体移送機器の製造を開始しました。

日本には第二次世界大戦前の1925年に遠心分離機が輸入され、1960年代には熱交換器と遠心分離機の製造が行われるようになります。アルファラバルは創業から130年を超える老舗の産業機械メーカーであり、日々技術の向上に取り組んでいます。同社の総売上のうち44%は熱交換器であり、流体移送機器と遠心分離機は23%と18%を占めます。本国のスウェーデンだけでなく日本やアメリカ、中国など世界中の多くの企業にとって同社の優れた製品は不可欠な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です