アルファラバルは優れた企業です

アルファラバルはスウェーデンに本社がある世界的な産業機械メーカーで、日本にも法人があり東京都港区を中心に活動しています。この会社は熱交換器と流体移送機器、遠心分離機の世界的なメーカーでトップクラスのシェアを占めます。アルファラバルの売上の44%は熱交換器が占めており、流体移送機器と遠心分離機がそれぞれ23%と18%を占めています。熱交換と流体移送、分離はあらゆる産業において不可欠な技術であり様々な分野の企業がこの会社の顧客です。

エネルギーや空調機器、食品や飲料の他に医薬品や造船など幅広い分野でアルファラバルの製品が使われています。この会社は1883年にスウェーデンで設立され、130年以上にわたって世界中の企業に優れた製品を提供し続けてきました。日本には1925年に初めて遠心分離機が輸入されており、1960年代以降になると熱交換器や遠心分離機の国内製造を開始しています。1978年には日本法人が設立され、現在では東京都港区の本社を含めて7箇所の事業所が存在します。

アルファラバルは1901年にスウェーデンで上場企業となり、第一次世界大戦後の1919年から1936年にかけてデンマークや南アフリカなど世界各国に支店を設立しています。設立当初は遠心分離機を製造していましたが、1938年からは熱交換器の製造を始め1971年には流体移送機器の分野にも進出しました。アルファラバルは世界的にトップクラスのシェアを誇る老舗の産業機械メーカーであり、現在でも優れた製品を作り続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です