熱交換器メンテナンスの依頼方法

オフィスビルや工場、ショッピングセンターなどの大型空調設備で利用されている機器の一つに熱交換器があります。熱交換器とはその名の通り、2つの流体の熱を交換しあう装置で、温水を加熱したりぬるくなった冷却水を冷やしたりする場合に用いられます。熱交換器の構造はシンプルで、直径1cm程度の無数の銅管が配列されており、そのチューブの内と外に流体を流すことで熱交換が行われます。故障も少なく省エネルギーにもつながるので人気がありますが、使い続けると銅管の内部が汚れて熱交換の効率が低下するので、定期的なメンテナンスが欠かせません。

熱交換器メンテナンスは保全技能が必要なため、専門業者に依頼する事を推奨します。熱交換器メンテナンスを行っている地元業者は多数存在しますので、直ぐに見つかります。熱交換器メンテナンスを依頼する前に、まずは現場を説明してメンテナンス費用を見積もりしておくことが大切です。理想は複数の業者に見積もりを依頼し、熱交換器メンテナンスの内容と費用から総合的に判断して下さい。

長年の実績があり、メンテナンス費用も相場と乖離していなければ問題ないでしょう。業者が決まれば契約を締結し、メンテナンス日程を打ち合わせの上、決めることが大切です。会社や工場が止まっている休日に集中的に行ってもらうと操業への影響が最小限ですみます。熱交換器を分解して銅管を掃除した後、試運転を行い能力が回復すれば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です