熱交換器メンテナンスの費用を抑えるには

なるべく費用を抑えて熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を導入するとよいでしょう。この装置は導入時に多少の費用がかかるものの、ランニングコストが安いので総合的な費用を安く抑えることができます。効果の継続性が優れていて危険な薬品は一切使わないため安全性も高く、設備を止めずに装着することが可能です。熱交換器メンテナンスは定期的に行わないと内部でスケールが堆積し、性能低下や故障の原因になります。

赤錆剥離・除去電磁気装置ならば、頻繁にメンテナンスを行わなくても長期間にわたってスケールを除去し続けることができます。流体として水を通す熱交換器のような装置は、内部でスケールが堆積するだけでなく赤錆が生じることもあります。赤錆剥離・除去電磁気装置を使えば赤錆も効果的に除去してくれるので効率的です。この装置はランニングコストが安くメンテナンスフリーで、継続性や安全性も優れているというメリットがありますが即効性を期待できません。

堆積してしまったスケールを短時間で素早く除去したいのであれば、強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。強酸性の洗浄液は即効性が非常に優れており作業後には明確な効果を実感できます。導入のための費用は不要で、年に2回洗浄を行う場合には100万円ほど必要になります。強酸性の薬剤を注入したりろ過器や軟水器を使う場合と比べて、洗浄液を使う場合の方が費用を安く抑えることができます。

なるべく費用を抑えて迅速に熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、強酸性の洗浄液を使うのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です