熱交換器スケールは交換機の性能を下げる不純物

熱交換器スケールとは、熱交換機の中にカルシウム等が溜まり、パイプ内の流れを抑制し、流水の流れを阻害することを意味します。つまりは、人間で言えば、血液を流す血管の中にコレステロールなどの塊が生まれ、血流が悪くなることで体の内部の血行を阻害することが、熱交換機で起きているわけです。熱交換器の場合、温められた温水がきれいに循環しなくなり、だんだんと熱が一か所に集まり、交換機がオーバーヒートを起こす要因になります。その為、定期的に熱交換器スケールという不純物を取り除く処置を交換機に行う必要性があるのです。

では、熱交換器スケールが発生した際、どの様に不純物を取り去るかですが、酸を用いたりアルカリ溶液を用いてパイプ内の清掃を行います。旧来は、酸性の溶液を使用して不純物を取り去るのが一般的でしたが、この方式は酸によりパイプが腐食するという問題があり今現在はアルカリ溶液を用いて不純物を溶かすのが一般的です。これらは溶液を用いて清掃を行うことで、熱交換器スケールを取り去ることができるのですが、場合によっては凝り固まったパイプ内のカルシウムなどの不純物が取れないというケースもあり、そうしたケースにおいては内部のパイプ内を物理的に削り掃除を行ったり、パイプ自体を新しいものと交換することで再度パイプ内に流水が流れ込むようにします。熱交換器スケールとは、カルシウムが熱交換器のパイプ内に発生することであり、定期メンテナンスにより取り除くことで交換機の寿命や部品交換のリスクを抑えることができるのです。

熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です